• 忠恕(ちゅうじょ)は、100有余年の両備グループの歴史の中で脈々と受け継がれてきた創業者の思いです。真心からの思いやりを意味し、全ての社員が仕事をする上での指針としています。そしてその忠恕を、社会、お客様、社員への3方向に展開したもの、つまり、社会への思いやりとして「社会正義」、お客様への思いやりとして「お客様第一」、社員への思いやりとして「社員の幸せ」、を経営方針としています。

 

社名

株式会社リョービツアーズ

本社〒700-0826岡山市北区磨屋町1-6(アクセスマップ
Tel:(086)239-1151(代表)FAX:(086)234-1156
役員  
代表取締役会長小嶋光信
代表取締役社長松田久
取締役副社長松田敏之
専務取締役小童谷靖則
設立1971年(昭和46年)2月18日
資本金3,000万円(授権資本8,000万円)
従業員数65名

両備ハッピーライフプロジェクト

両備グループでは人材育成こそが成功の秘訣と考え、両備ハッピーライフプロジェクトを展開しています。社員に対して「健康で楽しく働き、人生を幸せに生きよう」を合言葉に、本来自己責任に帰結する事柄を会社が環境を整えて支援して行こうというもので、原点は「健康」、社会に必要とされる「能力」を養い、この社会で生きて行こうという「やる気」があれば幸せになれる、という考え方のもとに実践しています。

幸せとは、社員自身が努力する事によって心身ともに充実し、自立することです。そのための健康支援は「両備健康づくりセンター」がいたします。能力開発については「両備教育センター」がバックアップいたします。さらにグループの強固な横断的組織で、様々な面で社員の生活を応援し、社員の幸せをサポートします。お客様や地域の皆様の共感を得られるには、まず自分たちが日常的に楽しく幸せを感じて仕事をしていることが必要。それが心からのサービスにつながります。

健康企業宣言

株式会社リョービツアーズは、両備グループの経営方針である「社員の幸せ」を優先、お客様に満足を提供できるよう、社員一人一人の健康と働きやすい職場づくりに留意し、常に最大限の能力を発揮出来るがにサポートしています。社員が心身ともに元気に働ける職場を目指して、健康づくりのため下記の事項に取り組みます。

 

1.「健康企業宣言」を社内外へ発信します。

2. 法令を遵守します。

3. 積極的な病気の予防:定期健康診断や人間ドックの受診率100%

4. 社員の健康管理の把握:健診後のフォロー、ストレスチェック、保健指導の実施

5. 健康経営の実施に向けた基礎的な土台づくり:ウォーキングキャンペーン実施

 

また、ノー残業デー実施、有給休暇取得促進、自主的な改善活動としての提案制度制など、働きやすい職場の実施に向けていつも取り組みます。

 

 

株式会社リョービツアーズ 

専務取締役 小童谷 靖則